【健康情報】季節の変わり目に体調崩してないですか?part2

記事

食生活から免疫力UP!

前回の記事で、免疫力が下がってしまう食事をしていないかチェックをしました。

そのような食事をしてしまっている方に向けて、今回は免疫力を強化する方法をご紹介します。


まず、カラダの中でウイルスなどの病原体と戦ってくれる細胞を紹介します。

いつも私たちのカラダの中で病原体をやっつけてくれるのは..「免疫細胞」です!

免疫細胞はカラダの中で作られますが、その多くは実は腸内で作られているのです。


腸内環境を整えましょう

そのため腸を正常な状態に保っていないと、免疫細胞もうまく働けません。

みなさんの腸内環境は整っていますか?

腸内環境を整えてくれるのが、ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌や納豆など発酵食品です。

また、細胞の働きを活発にしてくれるのが、色の濃い野菜や果物に含まれるビタミンCです。

そして、免疫力を高める働きがあるのが、青魚の脂肪(EPA)です。


①発酵食品・・・腸内環境を整える

 例:納豆、ヨーグルト、チーズ、漬物など


②ビタミンCの多い野菜や果物・・・免疫細胞の働きを活発にする

 例:赤ピーマン、ブロッコリー、いちごなど


③青魚の脂肪・・・免疫力を高める働きがある

 例:サバ、ブリ、イワシなど

 

 

このような食品を多く摂ると腸内環境が整い、免疫細胞がカラダの中で活躍しやすい環境がつくられます。

朝ごはんにヨーグルト、夜ご飯に納豆を定番化させるなど、調理のいらない食品等を活用しながら、なるべく上記のような内容の食材を食事の中に取り入れましょう!


                                            監修:管理栄養士 片岡 優香